Road to 企業組合2 情熱がすべての扉を押し開ける!

Road to 企業組合2のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

Road to 企業組合2


企業組合設立にはまず4人以上の発起人が集まり、協議をし、その後行政庁との事前協議、総会の告知、設立総会、認可申請、認可、設立登記と進んでいきます。

企業組合は資本金等はありませんが、営利事業団体ですので、当然出資が発生します。最大出資比率は全体出資額の25%までです。但し、株式会社と違い、運営に係わる議決権は組合員平等で、出資比率で発言力が違うことはありません。

企業組合は個人のものではなく、組合員全員のものなのです。話がまとまりにくいのではないかと不安視する向きもあるかと思いますが、多く方々が参加でき、活発は活動をするには、この方法がベターだと考えています。

PLAN→DO→CHECK→ACTの考え方で言えば、計画したらやってみる!まずはトライでしょ!(^^)

現在、設立要件である組合員比率や従事比率などの観点から、立ち上げは発起人4人、役員6名の10人からスタートする予定です。そして意義の周知と共に、徐々に賛同者を増やして、組合を盛り上げていきたいと思います。

2010年05月07日 トラックバック(-) コメント(2)

企業組合に関しては結構興味深いのですが
先進事例等、身の回りに無いので・・
良く解らないのが事実です。

どちらかで、身近に成功事例や形態など・
詳しく内容を教えていただきたいと思います。

2010年05月07日 山形@兄弟 URL 編集

山形兄弟!身近な事例を調べて連絡します!
企業組合は株式会社と同じではないけど、ある意味会社みたいなものなので、いまの商工会では出来ない動きが出来るんだよ。

2010年05月08日 本人 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。